鉄道模型の買取りする前に知っておきたいこと

鉄道模型の基礎知識とは

鉄道模型の歴史は古く、日本では江戸時代の末期に欧米から入ってきたSLの蒸気機関車が最初の鉄道模型と言われています。本格的に鉄道模型が流行りだしたのは戦後の高度経済成長期です。一般家庭も裕福な家庭が増えてきて、趣味にもお金を費やす余裕があったからです。昔は子供のおもちゃとしても買われていた鉄道模型は価格が上がり、一部例外を除けば大人の趣味になりました。モーター車なら1両5000円から1万円ぐらいはするため、子供にはなかなか手が出せないのです。

基本的にどの車両でも買取りは可能

鉄道模型を買取業者に売却をする場合、基本的には壊れていなければどの鉄道模型でも買取りは可能になります。一度利用した列車の場合には、定価の3分の1から20分の1ぐらいまで下がってしまうことがあります。2万円で購入した7両セットも売るときは千円ぐらいでしか売れないこともあります。ただ、人気がある車両については、結構高い買取額になります。2万円で購入しても8千円ぐらいで買取りをしてくれる所も多いです。未使用品を持っている場合、定価以上に買取りをしてくれることもあります。

タイミングを逃してはいけない理由

鉄道模型を本格的に高く売ろうとすれば、売るタイミングが重要です。鉄道模型で人気がある車両の場合、場合によっては定価以上で買取りをしてくれることもありますが、時期を間違えると同じ状態の模型でも定価以下の買取りになってしまう可能性があります。高く売れる商品は、需要に対して供給が少ないことです。つまり、再生産されない車両は供給がないため、中古市場でしか手に入らなくなり、高価になります。ですので、再生産前を狙うといいでしょう。

大量に増えてしまったコレクションの鉄道模型。自分で買い取ってくれる店に持っていくのは大変ですよね。しかし、全国どこでも鉄道模型の買取をしてくれるお店があります。最短即日で自宅に買取に来てくれます。