自転車屋は怖くない!通って常連になるとどんなメリットがある?

自転車を趣味にするならショップの人と仲良くなろう

自転車屋の店長は、気むずかしそうな人が珍しくありません。たとえば、スーパーやホームセンターで買った安い自転車がパンクしたので持っていくと、もっといい自転車を買うべきだと説教されたりします。あるいは、ロードバイクがずらりと並んだ店にシティサイクルのパンクを直してほしいというと、よそに持っていってほしいといわれることもあります。ただ、仲良くなっておけば恩恵もいろいろ受けられるので、自転車を趣味にするのであれば積極的に交流してみましょう。

店員は常連相手に本音をいってくれる

では、自転車屋の店長や店員と仲良くなると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、本音を話してくれやすいということが挙げられます。たとえば、売れている自転車、あるいはパーツに対していろいろと思うところがあっても、一見の客に店長がそのことを伝えるのはまずありません。客がほしいといえば黙って売るのが普通でしょう。しかし、相手が気を許した常連であれば、そのパーツは少し問題があるから、こちらの方がいいと本音をいいやすいです。

ほかの常連たちと仲良くなればチームで走れる

次に、ほかの常連と仲良くなれるというのも大きなメリットです。ロードバイクやクロスバイクに乗っている人たちの中には、チームを作って週末にサイクリングをしている人がいます。そういったチームに混ぜてもらえれば、一人で走っているよりもずっと楽しいですし、また、自転車にトラブルが起きた場合にどうすればいいのか気軽に質問することができます。自転車に対する知識を深められれば、適切なパーツを安く購入することも簡単にできるようになるでしょう。

名古屋の自転車のショップには、ママチャリやロードバイクなど、様々なタイプの自転車が揃っており、各自の生活のスタイルにぴったりの商品を買い求めることができます。